就任挨拶 折戸 善信会長
DSCF4247

まずは、大西直前会長、大塚直前幹事1年間有り難うございました。また、丸尾直前ガバナー、今田直前代表幹事におかれましては、本当にお疲れ様でした。まだ、決算、地区大会報告書の作成等が残っています。関係の会員にはあと少し頑張っていただきたいと思っています。という私も月誌の委員ですので仕事は残っているわけではありますが、とりあえずはロータリーの友委員の仕事は先日7月1日をもって終わらせていただきました。これにつきましては、堤会員には毎号ロータリーの友を読んでいただき感想文をいただきました。感謝申しあげます。なお、ロータリーの友委員会から感謝状をいただいています。掲示していますので、ご覧戴ければと思います。これも神戸西神ロータリークラブ員全員が地区大会を含め、地区運営に頑張ったから戴けたとのだと思います。皆さんと共に喜びたいと思います。

これまでは教員という一つの職場で四二年間過ごしてきましたが、今、このクラブに所属させていただくことで新たな経験をさせていただいていると考えています。そして、新たな人生に踏み出しているのではないかと感じているところです。

さて、会長就任に当たり、次の3つを今年度の目標として皆様にご協力をお願いしたいと思います。

1つ目は「楽しい例会の開催」と「会員増強」

2つ目は、ジョン.F.ジャームRI会長の目標「人類に奉仕するロータリー」の 実践

3つ目はクラブの運営体制の改善と強化

1つ目の「楽しい例会の開催」と「会員増強」についてです。
ご承知のように、ロータリーの基本は親睦と奉仕です。このことなくしてロータリー活動の意義はありません。

このための基礎になるのが例会です。是非例会100パーセント出席を目指していきたいと思います。そのことが、会員の親睦が図られ、仲間意識が一層醸成されていくのだと思います。

このためには、楽しい例会でなくてはなりません。

また、親睦活動家族委員会には、それぞれの季節ごとに開催されるご家族もご参加いただく親睦家族例会においても様々な工夫をしていただいて、ご家族ともども楽しめる運営をお願いいたします。

次に、クラブを維持していくためには、会員の増強を図っていかなければなりません。先に申し上げましたように、昨年度は40名にまで会員が増えましたが、残念ながら現在は37名です。

このため、45名という目標を皆さんと共有し、会員増強委員会を中心に是非達成していき、クラブの維持発展を成し遂げていきたいと思っていますのでよろしくお願い申し上げます。

2つ目は、ジョン.F.ジャームRI会長の目標「人類に奉仕するロータリー」の実践です。

ジョン.F.ジャームRI会長が掲げられた目標は、私がロータリークラブに参加させていただいたときに漠然と考えていたロータリーのあり方ではなかったかと思い、感銘を受けました。

高い倫理観を持ったロータリーアンは「4つのテスト」を掲げ、人類に奉仕することをその活動の大きな目標にしてきました。

少し大げさな言い方でしたが、現に過去これまでも、私たちのクラブは様々な奉仕活動を行い西区の方々に対して貢献してまいりました。明石川清掃、桜の木を植える活動、発達障害の講演会、昨年はスポーツ教室。

これ以外にもいろいろあったかとは思いますが、これらの活動をとおして、地域の皆様に神戸西神ロータリークラブを知っていただき、われわれの活動をご理解いただくことが大切ではないかと思っています。

その意味で、昨年のスポーツ教室はその目的をしっかりと果たしたと思います。

また、西区の社会福祉協議会とお話をしたところ、これまで障害者の理解を深めるためのイベント「ハッピーカーニバル」を開催してきましたが、今年度は予算が不足して 開催が危ぶまれています。何とか神戸西神ロータリークラブのご支援をいただいて、継続して実施したいとの申し出を受けました。社会奉仕委員会としては障害者の支援のために音楽会を実施することで、ただいま準備を進めていただいているところです。また、インターアクトクラブにも協力を求め一緒に活動していきたいと考えています。

3つ目のクラブの運営体制の改善と強化についてです。 昨年度までお勤めいただいた道永さんが、ご家庭のご都合で退職されました。この後を埋めるのがこれまでのやり方であったと思いますが、いろいろと考えましたが、今年度、事務局事務員は進さんお一人で運営していきたいと思います。

このことは、マイナス面ばかりが、気になるところですが財政的にはこれまで事務局員の人件費が事業の方に回せるようになると思います。

しかし、当然のことながら各委員会の委員長さんや所属の皆さんに多くの負担がいくことになるのではないかと思います。基本的には道永さんがやっておられた仕事の大半はロータリアンの皆様のご協力をいただかないとできないのではないかと思っています。

また、例会の運等はSAAの皆さん。親睦活動委員会の皆さんには会場受付、メイクアップに来られたお客様のご案内等。また、広報委員会には週報の作成等々各委員会がこれまで以上に活動していただかないとクラブの運営ができないのではないかと思います。ご負担をおかけすることが多く、申し訳ございませんがクラブ運営につきまして、なにとぞご協力賜りますようお願い申し上げます。

会場の禁煙、その他折戸年度になって新しいことばかりやるのかとお叱りもあろうかとは思います。どうかご容赦いただきご理解ご協力をお願い申し上げます。

以上で今年度の、会長の方針をお話しさせていただきました。なにとぞ、皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます。