第2回例会 ~「公式訪問」 室津 義定ガバナー~

会長挨拶(折戸 善信会長)

本日は、ガバナーの公式訪問として、室津義定2016-17年度ガバナーと随行として神谷誠治地区代表幹事にお越しいただきました。先ほどまでクラブの現状を約1時間に渡りご報告させていただいたところです。

室津ガバナーは大阪府立大学名誉教授。同工学部長を勤められ大阪府立大阪工業高等専門学校校長の時にロータリークラブに入られたと聞いています。また、尼崎中ロータリークラブの創立会員でもあります。

先ほどの現状報告では、昨年度は当クラブから始めてガバナーを排出し、クラブ員全員が一致協力してガバナーを支えると共にガバナー事務局の運営に努力したことや、初めて実施した地区補助金事業、板橋北区RCとの長年にわたる交流などを報告させていただきました。

ガバナーからは、当クラブは若い会員増強に成功されている。また、協力して熱心に奉仕活動を実施されている。インターアクトクラブの活動も盛んであるなど申し分のないクラブ運営をされているとのお褒めのお言葉をいただきました。このあと、ガバナーからはいろいろとご指導もあろうかとお思いますがよろしくお願い申し上げます。

 

御挨拶 ご出席のゲストビジターの皆様より御挨拶を賜りました。

・室津 義定ガバナー様

・神谷 誠治地区代表幹事様

 

委員会等報告 各委員長より報告がありました。

・丸尾 研一パストガバナーへ贈呈
米山特別寄付第30回メジャードナー感謝状と記念品

板橋北區扶輪社2015~16年度郭世忠会長より感謝状

 

・親睦活動委員会(井上 真一副委員長)

納涼家族例会ご案内と親睦委員17:00現地集合
dscf4341

2016-17年度 RID2680室津 義定ガバナー公式訪問卓話

dscf4343今年度の国際ロータリーのテーマ、目標と会長賞、地区重点目標および2016年規定審議会の主要決定事項を紹介します。

人類に奉仕するロータリー

ジョン・ジャームRI会長は、RIテーマ発表後の講演で、次のように述べられました。

ポール・ハリスがロータリーを創設した目的は「価値観を分かち合う人を見つける」ことであり、今日も人々がロータリーに入会する理由となっています。そして、誠実さ、多様性、寛容、友情、平和を信じ、人生の最大の目的は、「人類のために奉仕する」ことだと信じている人々と出会うことです。

ロータリーは変革を遂げ、時代の変化に対応し、前進しています。しかし、ロータリーの奉仕理念は不変です。多様性を強みとするロータリーは、今も「職業分類」を基本としています。高い倫理基準は、時代を超えた価値観であると信じる私たちは、今も「4つの

テスト」を壁に掲げています。そして何よりも、ポール・ハリスが信じたのと同じように、人生の最大の目的は「人類に奉仕する」ことだと信じています。このような理由から、2016-17年度RIテーマを、「人類に奉仕するロータリー」といたしました。

ロータリーの目標と会長賞

 RIテーマを実践するために、ロータリーの目標および会長賞が設定されています。地区およびクラブは、それらを指針として、ロータリー活動を実践することが期待されています。

地区重点目標

 ロータリーのテーマ、目標および会長賞を踏まえて、地区の重点目標を次のように定めました。

  • 財団100周年の祝賀を実施し、ロータリーの公共イメージと認識を高め、ロータリー財団の補助金を利用した奉仕プロジェクト活動を通じて、クラブおよび地区の活性化を目指す。
  • クラブおよび地区が、紙ベースで報告
    書を提出する代わりに、クラブの目標設定および成果報告を「ロータリークラブ・セントラル」に入力する。
  • 青少年交換を持続的に実施するための体制整備を行う。

規定審議会の主要決定事項

  • 例会の開催頻度

クラブは、少なくとも月に2回、何らかの方法で例会を行う限り、例会頻度を減らすことができる。ただし、例会の頻度を変更する場合は、クラブ細則をそのように変更する必要がある。

  • 入会金

「RI細則」と「標準ロータリークラブ定款」から「入会金」が削除された。しかし、各クラブの裁量で、クラブ細則に定めて、入会金を徴収することができる

  • 「標準ロータリークラブ定款」に定められた理事会および委員会構成

・理事会構成員に「会計」を加える。

・委員会構成として「クラブ管理運営」、「会員増強」、「公共イメージ」、「ロータリー財団」、「奉仕プロジェクト」の委員会を設置する。必要に応じて追加の委員会を任命できる。

dscf4350

~第2680地区 地区大会~

大会1日目

エクスカーション